2019.7.9 更新アイコン 2020.3.8

スタンフォードの自分を変える教室

  • マインド
  • 人生

この本がおすすめな人

・自分の感情をコントロールしたい

・将来への不安を無くしたい

・簡単に今の状況を変えたい

 

イライラしやすいのは性格のせいだけじゃない

ちょっとしたことでイラついていた私。こんな短気な性格をなんとかしたい、とずっと思っていました。でも、普通に生活していたらイラっとくることなんて日常茶飯事じゃないですか。

 

きっと私は小さなことも気にしすぎる神経質な性格なんだ…と半ば諦めていたのですが、それでも「何とかこの性格を変えたい!」と思っているときに出合った一冊です。

 

なので、この本は私と同じような悩みをお持ちの方や、無駄遣いをやめたい、ダイエットを成功させたい、タバコをやめたいなど、なにか自分の未来を変えるために行動したいと思っている方にお勧めです。

 

“意志力”がキーワード

この本には、ダイエット中なのに甘いものを食べちゃうとか、タバコをやめたいのにやめられないとか、私たちがついついやってしまう失敗や習慣を例に、どうしたら自分の意志を強く持って誘惑や依存症に立ち向かえるのかを、科学的根拠に基づいて説明されています。

 

全部で10章あり、1章ごとに自分を変えるためのワザが書かれています。そのワザはすぐに実行できるものばかりですが、効果を実感するためには数日から数か月かかる場合もあるので、焦らずに1つずつ試していくのがおすすめです。(書籍内にも同様のことが書かれています。)

 

私が一番自分を変えるために役立ったのは「明日も同じ行動をする」というフレーズ。“今日の自分がやらないのに明日の自分ができるわけがない。だから今やらなくちゃ!”という意味です。

 

理想の未来を手に入れられるかも

本のタイトルだけ見るとなんだかスピリチュアルっぽくて、内容も気休め程度なのでは…?と疑いたくなるかもしれません。私もそうでした。でも、読み進めるうちに「今の自分を変えられるかも」と期待が膨らみ、実際に行動に移すことで、自分を良い方向へと導くことができました。

 

意志力を鍛えて自分の行動を変えると、人生も変わります。自分を変えたいと思っている方は、ぜひこの本を活用してみてください。


Share Please

Read this too